マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

明日は教育協会 一緒に勉強させていただきます

大人の使うマインドマップの側面として仕事の話題が多い私のブログ。

子供の世界との親和性も高く、
トニー・ブザン氏のイギリス本国から始まり世界各国でマインドマップ学校教育でも使われています。

フィンランドの教育の書籍でマインドマップを知った方もいらっしゃるのではないでしょうか?


日本でも、教育の現場で注目を集めつつあります。
教育の世界では、ブザン教育協会が学校へは無償で講師を派遣させていただいております。


http://www.buzan-edu.jp/


マインドマップが可能性の高いツールであるだけに
子供を伸ばす実例は、学校現場から予想をはるかに超えた形で起きています。

今、全国の小学校の先生方を対象とした、
教育のためのマインドマップ体験会&事例発表会が各地で行われています。


今日は東京、明日は横浜で行われ、名古屋・大阪・北海道など順次開催されています!


http://www.buzan-edu.jp/mmtaikenkai1/#apply


教育の現場で起きていることは大人社会にどっぷりの私には驚きの連続。
私が子供の頃、、マインドマップを知っていたらなぁ~と思わずにはいられません。

明日、熱い話に接して勉強させていただこうと思っております。

楽しみです!


皆さんは、自分が子供の頃マインドマップを知っていたら何に使いたいと思いますか?
どんな能力が伸びただろうと思いますか?
スポンサーサイト
教育 | コメント:0 | トラックバック:0 |

一年経って学校へ行く mm426 世界史

今日はなんと

女子高へ行きました。

マインドマップを知りたいという高校生のための講座です。


ブザン教育協会へマインドマップをやってみたいという全国の学校から

マインドマップをやってみたいというお話があると、

教育協会に協力するインストラクター達がチームを作り、講座を実施させていただきます。


何度も何度も打ち合わせをして、

その学校・その生徒さん達にカスタマイズした講座を準備します。


一期一会

の講座です。


今回、私の描いた『世界史』の第一章のまとめページを

【勉強に使えるマインドマップ】

の事例として取り上げていただきました~


オリエントと地中海世界 (080728 mm426)


高校の時、世界史も地理もやっていないので、

教科書を見ながらセントラルイメージを描いて


 「へ~。カスピ海ってこんなところにあるんだ~。ペルシャ湾ね~」


と、初めて認識しました。せっかくなので、私が覚えられるようにペルシャ湾にはペルシャ猫を描きました♪

カスピ海はカスピ海ヨーグルト♪



アラビア→アラビアのロレンス→ラクダとなって、アラビアにはラクダを描きたかったのですが、

学校なので間違ったこと教えちゃいけないっと、Googleで画像サーチして描きました。


アラビアのラクダはヒトコブラクダ!
ですよ~

他にもたくさん覚えることができました。

それって、大人になってから博物館とかで遺跡を生で観ているせいもあるかもしれません。



さて、生徒さんたちのマインドマップ凄くきれいでした。

夏休みの貴重な1日、学校に来てくれてとっても嬉しいです。

綺麗なマインドマップを描いてくれたことがとってもtっても嬉しいです。


なにより、まだまだ可能性が広がっている彼女たちを見ているだけでもうれしいです415


ありがとうございます。
教育 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。