マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

講義録・議事録 mm090

2007年9月19日

フォローアップ講座(2008年10月1日現在再構築中募集しておりません)

『 講義録 議事録 』 を受講しました。

講師は松岡克政さん。
デザインの仕事をしてらっしゃって、
色鉛筆の使い方が独創的なマインドマップを描かれる方です。

ビジネス即戦力という感じのテーマで
4色ボールペンで描いてみるシーンが多かったです。

そのとき描いたマインドマップはボールペンなので、写真に上手く写らないかな?

mm090 講義録・議事録 (070919 mm090 講義録・議事録)

テクニックもてんこ盛り2で、コツを沢山紹介していただきました。
また、デザインについてお話が聞けて面白かったです。

「なるほど、マインドマップってテクニックも色々あるのね」

と、あらためて思いました。
講義録とか、会議の実践編として、その場でグループで練習しました。


この頃には、実際に会社の会議でこっそり(目立つ?!)マインドマップ描いていました。
マインドマップはなんでも描ける」
と聞いたので、自分で実験していたんですね。

何でもかんでも、置き換えている。

ちょうど、あるプロジェクトのメンバーに抜擢されてしまったんです。
毎週会議があるという・・・。
それも20人近かったのではないでしょうか。
(よくそんな会議マインドマップを描いていたなぁ~)

結果的に、今までと、会議への参加の仕方が変わりました。

昔は、結論を急いだり、急ぎすぎて強引に話を進めたり。
発言を他のパートへ上手くバトンタッチが出来なかったりしました。
マインドマップを描いていると、
ちょっと引いて考えられるようになった気がします。

自分で感じるだけですけど、会議ストレスが減りました。

「今、何を何のためにはなしているか?」

これが、もやもやしてくると、ストレスになりませんか?

多分、自分の中だけでも、
「何を話しているか?」=現在の議論=今描いているところ。
「何のために」=目的=セントラルイメージ。

と、常に分かっている。
これですっごくストレスが軽減しているんじゃないかと思います。
(今気がついたんだけど!絶対大切!重要!)

よく、議論の本筋に戻す発言していたのはそのせいか・・・。


自分の部署に宿題が出た時も、そのブランチに◎をつけて、
部長がつかまるわずか5分程度で、会議報告をして、
「今すぐやって回答が必要なのは◎の部分です!」
と、説明したこともありました。
これは、効果絶大!ビックリ。
マインドマップ見せて大丈夫かな?って思っていたけど書き直す時間もなかったので。
よく部長も驚かなかったなぁ~実利を取ってくれたんでしょう。


「会社でマインドマップなんて・・・」とか
「使いたいけど、環境がまだまだ・・・」と思っている方多いと思うのですが、
案外、使っちゃえば周りも分かるものなんだなと、思いました。


ただし、やっぱり遊んでいるとおもわれないように330

一番いいのは、会社のチームでガツン!っとマインドマップ体験してみることでしょう!


仕事にも、怖がらずにつかってみましょう53
スポンサーサイト
何に使えるか? | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。