マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ブラッディ・マンディ』 mm576

新番組をマインドマップ。

mm576 ブラッディ・マンディ 『ブラッディ・マンディ』 2時間スペシャル


セントラルイメージ3色以上なんだけど~どうしよう。と、思いつつ後から描き足しました。
ドラマを1.3倍速で見ながら描きました。

今回、メインブランチの上の言葉が出てこなかった。
放置したままエピソードを書いていったので、先ほど書き足しました。
場面展開が多いのでここは何のシーンとあらかじめくくれなかったんですね。

ブランチが多い(出来事が多い)のは
2時間スペシャルだったからか?
現代のマンガ原作だったからか?
キャラクターも多く、説明はあまりないというのが分かった。
現代の読者(視聴者)はキャラクターの役割分担が分かってみているのだと思う。
とすると、どちらかというとサスペンスものと同じ楽しみ方ということかも。


題材<ハッキング><ウィルス>などは、映画や小説ではかなり好きでよく見ているので
どこまでTVで表現できるかな?とちょっと思いました。
やっぱり、お金を払った映画や本なら多少ダーティーな世界でもいいんだけど、
番組の最後に【ハッキングは違法行為なので】と注意書きされても、違和感。
ドラマでかっこよく描いちゃっているのだから。TVドラマは難しい。
天才ハッカーなのに他人のPC借りちゃうのがよく分からない・・・。
(原作もそうなんだろうなぁ~(汗)

<ハッキング>の映像表現が上手かったです。
(マンガ(未読)で使っている手法なのだろうな)


公式HP見たらマンガの絵がありました。
藤丸君は、三浦春馬君のほうがそれっぽい雰囲気ですね。
持っているPCがパナからTVでは他メーカーになってるのが面白いです(重箱の隅)。

松重 豊さん好きなので、出ているシーンよかったです。


マインドマップを後からゆっくりみると、ドラマの構成がよく分かりそうです。
スポンサーサイト
TV | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。