マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『 ウェブ時代をゆく 』 著 梅田 望夫   mm572

周回遅れのような感じですが、
梅田 望夫さんの著書が図書館でやっと順番が回ってきました。

『ウェブ時代をゆく』 ─いかに働き、いかに学ぶか

mm572 ウェブ次代をゆく(081008 mm572)


このは一番Webから離れて
梅田氏がより多くの読者へのメッセージを伝えたいという熱を感じました。

気に入っている言葉、
気に入っているメッセージは

『 好きを貫いて 生きていく 』

もっと早く、もっと真剣に、そういうことが出来ると信じて
自分の好きって何なんだろう?
生きていて楽しいと思う時間を増やしつつ生きていく方法は?とか、
考えればよかったと思います。

『高速道路』『けものみち』
『パーソナル・カミオカンデ』
『水を飲むように読書する』

が好きなので共感。今年は既に100冊突破しています。
ですが、もっと有益な血となり肉となる読書をするのが課題です。

梅田さんのウェブシリーズは読み終えたので、
このマインドマップは既に覚えているところなどは省いて
気になった言葉をピックアップしました。
電車の中で描いたので、簡単なセントラルイメージですが、
かわいくて、インパクトあるなと思います。

『好き』なこと、気づかないまま社会に出ている人は沢山いると思います。
今度のお休みに、梅田さんのおっしゃる
『ロールモデル』で自分に検索かけてみてはいかがでしょうか?
私もやってみようと思っています


追伸>
このを読み終えた頃、友人からマダガスカルの現地体験を聞きました。
電気の供給が不安定で、首都なのに、道が暗い。
女性たちは、竹の棒やコーヒー豆で作ったネックレスを売っている。
多分、一生それしか報酬を得る方法を知らずに生きる。

電気が不安定。世界には電気が引かれていない地もあるし、
通信が出来る場所ばかりではない。
Webが凄いと思っても、ふと気がつくと、そういうリアル世界があると思うと
語られていない世界があるな・・・と思ったりしました。

機会があれば、そういった日でメジャーじゃない国の現状を聞くのは、
で得る知識以外の何かを得られるように思います。

勝間和代さんのChabo!の活動のお話も、そういう機会になりますね。
スポンサーサイト
| コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。