マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タイムリーに!今井氏と藤巻健史氏 mm596 mm595

朝から銀座へ。10:30スタートで、

国際エコノミストの今井澂氏と
HPより~(きよし)は、私が生まれた町、東京深川清澄町の「澄」の異体字です~

株式会社フジマキ・ジャパン代表取締役 藤巻健史氏の

特別講演を聴いてきました。

mm594 今井&藤巻 (081026 経済セミナー)

たまたま、このタイミングでアメリカ市場のリアルな話を聴けるので期待。

経済の話は難しい!
自分ではどうにも出来ない!っと思っています。

藤巻さんはコラムとかで面白い掛け合いを読んでいて
それでいてカリスマディーラーだったという過去が面白く、好きです。

エコノミストやディーラーの人がいかに情報を分析しているか?
蓄積と分析。
実績に培われたカンで生き残っていくのだろうなぁと思いました。

今の経済は複雑に絡み合い、連鎖しています。
連鎖する話に、マインドマップは向いています。
描きながら、これが原因と結果、要因など頭の中で整理しながら描けます。

また、勝間和代さんなどと同じで
「それには原因が3つあります。1つ目は・・・。2つ目は・・・。3つ目は・・・・」
と話してくれるので、きれいにブランチが広げやすいです。

(お二人とも講演慣れしていらっしゃるので時間配分など上手い)
不安だ不安だと連呼している今日この頃で収支笑顔で冗談を交えて話されている。



聞いているほうの注意すべき点は、

【自分の望む情報だけ取ってしまう】こと。

また、新聞などの報道のされ方を考えてみること。
これは藤巻さんがおっしゃられていたのですが、
株が下がった下がったといっているけれど、
アメリカの下落率より日本の下落率の方が大きい。
実は下がっているのは日本だということ。

アナリストは結論を決めてから資料を作る。

誰かが、どう視られたいか考えた情報が届いていることをちゃんと認識しておく必要があると思いました。


まぁ、平和な世界でいてくれればいいのです。
スポンサーサイト
講義録 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。