マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『なぜエグゼクティブはゴルフをするのか』 mm132

だいぶ流行した本です。

mm132なぜゴルフをするのか (071109 『なぜエグゼクティブはゴルフをするのか』)

読書記録をマインドマップで書くようになって何が一番変わったかというと、
読んだ本を覚えていること。

以前から手帳に書いたり、読書ノートを作ったりしてみたのですが、
本のタイトルは驚くほど覚えていません(苦笑)
マインドマップで描いた本はタイトルとか本の質感を覚えています。
やはり、色やイラストの力だと思います。

読書マインドマップのセントラルイメージに
表紙のイメージを描くようになったのはこの頃からです。

なぜか?

「友達に本を薦める時に、書店で探しやすいから」

こlの頃はマインドマップを見せて本の話をすることはなかったのですが、
後から使うことを想定して描いてはいたんですね。

こんなシーンを思い浮かべているわけです。

「仕事で、役立ちそうなアイデアが載ってたよ。お勧め!
このブランチの事例なんて、即使えそうでしょ?
・・・読んでみたい?このセントラルイメージの表紙だから探してみて」

せっかくマインドマップを描くのですから、使うシーンをイメージすると
自分に合ったマインドマップの描き方が見つかると思います。


写生大会ではないので、頑張ってまねして書く必要は全然ありません。
今改めて本をアマゾンで確認したらビルの屋上でクラブを上げている絵で、
このマインドマップほど「ナイスショッ!」っという感じではなかったです(笑)

スイングを見比べて、
「どうせ仕事をするなら、このくらい気持ちよくスイングした方が楽しそう!」
と、思ったのは私だけでしょうか?

このセントラルイメージには私の仕事に対する 「内なる欲求」 が出ているのかもしれません。

仕事に達成感爽快感があったほうが絶対楽しい2


と、いうことで、この本が書店で見つからなくても
一年後の今、私の仕事感を一つ発見できました 4512


本やマインドマップをただ記憶・記録するためだけに使うのではなく、自分なりに使う。
こんな発見を楽しんでみてはいかがでしょうか420
スポンサーサイト
| コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。