マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

勝間和代さん×高野登さん対談 in丸善 mm654

丸善本店へ元リッツカールトンの高野登さんと勝間和代さんの対談に参加しました。

ホテルという洗練された空間で長くお仕事をされていた高野さん
それも名高いリッツにいらっしゃった方。
どんな方か?これは、Liveで拝見して学びたい!と参加です。

勝間さんについては何度か描かせていただいてますので今日は高野さんに焦点をあててます。

mm654 高野登vs勝間和代 (081210 mm654高野登×勝間和代対談)

マインドマップも最初、
『黄金ノブックガイド』の表紙の高野さんと勝間さんにしようかな?と描いていたのですが、
やっぱり、生の感覚を思い出すには
その場で印象的だったことを描いていった方がいいなっと、
スライドや勝間さんを真剣に見ている高野さんの横顔にしました。

セミナールームへ入ってきた瞬間!
高野さんの素敵な笑顔に会場が朗らかな雰囲気に256

「普段会社や街中で、男性が笑顔で歩いているの見ないな・・・」と、愕然!
周囲に与える雰囲気の違いに驚きました。素敵です267

まずChabo!とスーダンの説明。
会場はスライドと勝間さんのほうを見ているだろう時、
高野さんはスライドを見ながら大きく頷き、また会場に視線をめぐらせ
会場の私たちと一緒に、話を聞いているのが身体から伝わってきました。(立って聞いてらした)

その姿に、高野さんのお人柄や経験を感じて

『リッツ・カールトンが大切にするサービスを越える瞬間』 が多くの方、

経営者からサッカー少年
まで読まれる理由がわかる気がしました。


スーダンの説明を勝間さんご本人から伺うのは2度目ですが、
気づくことや再確認した言葉などあります。特に、
「国境が8つの国と接している=内紛のもと」
「内陸にあるということは、物資輸送にコストがかかり、日本で考えられないほど割高になる」

ちょっと考えれば、わかること。
なのに、失念してしまうのは、想像力のなさなのかなっと。

これを、高野さんはホスピタリティーの説明で『感性』という言葉で説明されます。

「相手の求めているものを感じる感性。それが大切。」
「感性を育てるには?引き出しを多く持つ。」

ホスピタリティーが育つということは、子供が大人になるようなこと。
 大人は紳士淑女になるということ。」

という表現をされました。
素敵な言葉です。頑張って淑女になります420

「3歳の子供がお手伝いをして、 お母さんに「ありがとう」といわれて喜ぶのは、
 褒められて嬉しいのではない。
 大人が自分のしたことを喜んでくれている。それが嬉しい。
 ・・・これが、ホスピタリティーの芽なんです」

と、おっしゃってました。
子供も大人も、人のための行動って備わっているものなんですね。
寄付だって大上段に構えないで自然なこととして行なえばいいんだなっと思いました。


勝間さんも高野さんも相手の引き出しを知っていてその中から
オーディエンスのほしい情報を水を向けつつ引き出しています。
対談の面白さって言うのはこういうところです。


最後に、質問させていただきました。
超多忙ななかクオリティーの高い仕事をされるコツは?

心と身体を切り離さず、両方を大切にする。これはお二人共通。
勝間さんは、出来ることをきっちりやる。それがメンタリティーupにも繋がる。
高野さんは、心と身体のバランス。心のしなやかさupには感性を育てること。

少々体調を崩していた私は、やっぱり身体が資本だなぁ~と反省しました。


 69 69 69
今日はなんと!私の右側の男性も左側の女性も
マインドマップノートとっているのです22

マインドマップ描いている人がどんどん増えているのは感じてましたが、
両隣マインドマップ(4人の列で3人!)というのは初めて!

嬉しい257

そして当然、三人ともそれぞれ違う描き方、違う言葉のマインドマップなのです!
素敵です267
マインドマップは個性だなって嬉しくて嬉しくて257

生活シーンも違えば年齢も性別も違う。
だから、同じお話を聞いても連想すること描き方が違って当然なのです!

お二人とも素敵なマインドマップ描かれてました267

自分にしか描けないマインドマップ。
そんなノートで記憶をのこしていきませんか?
スポンサーサイト
講義録 | コメント:0 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。