マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

池谷裕二さん 『脳を味方につける』 の講義録を描きながら

東京大学大学院の准教授でいらっしゃる
池谷裕二さんの

 『を味方につける』

に、参加してまいりました。

日経丸の内キャリア塾レギュラーセミナー第48回ということで
女性限定!なんですね。

池谷さんは科学の分野で私の周りでは断然男性の方が早くから注目している方が多くて
(ブルーバックスは男性っていうイメージでした)
今回、男性で悔しい思いをしている方が多いのではないでしょうか?

セミナーについては改めてupさせていたくとして、
マインドマップの威力を改めて講義録を描きながら感じました。

今日はそのお話。


最近、私の気分がが外に出るより読書に偏っていて、
行くまでは「池谷さんの著書を読破しだ方が一回のセミナーより・・・」と
内向きに気持がなったにもかかわらず、

現場に行ったら楽しいんですね。


池谷さんの解りやすいお話とお洒落なスライドにひきつけられたっていうのもあります。
タイトルバックののイラストからして、リアルで期待しました。

  わくわく してきたんですね。


マインドマップを快調に描いていたのですが、
逆にマインドマップを描いたから聴講も快調だったような気がします。


聴講者の幅の広さや限られた時間なので、
池谷さんが一般的なわかりやすい言葉で説明される事象が

 科学的になんのことを言っているか?
 本当は突っ込んでなにが言いたいのか?

ということ意識して聴いていました。
あとで、関連図書を読めるようにと思ったので。


自分のに関する記憶をどっからでも引っ張り出せるようにとリラックスして
マインドマップを描いていたら、すっごく

 <自分のと話が繋がってる感>

があって、だから わくわく していたのだと思います。


皆さんに今更言うのもなんですが、
マインドマップっていい!

常に 「 つなげるぞぉ~ 」 とスタンバイ状態 で聴くというのが心強いんですよ!


マインドマップはどんどん言葉やイメージをつなげられます!


言語野や記憶の話になったときや
脳の活動部位のお話を聞いているときは、
このブログでもとりあげたNHKスペシャル 読字障害 mm577)
ディスレクシアの記憶を連想していたり、
右脳左脳は、マインドマップ基礎講座で取り上げる情報との連結させたり。
心理学的なお話は、大学の時の授業とか・・・出て来い!っと・・・。

自分の脳が何を連想するのか?どんなイメージが出てくるのか楽しんでいました。


今日描いた講義録のマインドマップは逆にシンプルです。
(よくセミナーご一緒するミケさんから言われて気がついたんだけど)

「あ、既知の情報と繋がった」と思ったら、思い出せる安心感があるのだと思います。


今日は特に、単語よりイメージ(映像)の方が色んな情報が取り出しやすいと思った日でした。

池谷さんが使われた貴重な資料スライド
特に脳の活動部位の画像などは、言葉ではメモしきれないですから
イメージで記憶したい情報ですね。


脳 ってすごいな!まだまだ使えるな!っと
意欲的・刺激的なセミナーをマインドマップでより実感してきました。


皆さんも、マインドマップで知識の繋がる快感を楽しんでみてくださいね420
スポンサーサイト
何に使えるか? | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。