マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

☆ご紹介☆ 松井龍哉さんが語る! ロボットデザイン 新産業を築くデザインとイノベーション

先日、iMindMapの発表会でお話を伺った
松井龍哉さんのデザイントークイベントのご紹介です。


松井龍哉さんが語る! ロボットデザイン>新産業を築くデザインとイノベーション
http://www.liaison-center.net/content/view/149/8/lang,japanese/


松井さんのデザインされたPINO は
宇多田ヒカルさんの『Can You Keep A Secret?』PV 出演。
2000年度グッドデザイン賞受賞です。

皆さんもどっかで見たことあるはず。


iMindMapの発表会で印象的だったのが
会場からのQ&A

男性 「 ロボットデザインを選ばれた理由をお聞きしたい。
     できれば<アトムが好きとかガンダムから>というのでなければ嬉しい 」

これに見事に答えてらして!

松井氏 「 ゼロからのデザインがやりたかった。
       100年前なら車、30年前ならPCを選んだだろう。
       今だからロボットだった 」

これは アントレプレナー Entrepreneur の発言ではないかと!

さらりと、自らにとって当然のことのようにおっしゃる姿がかっこよかったです。

専門のフィールドをいかに語るかが興味があります267


松井さんがiMindMapで描かれた『売れるロボットマインドマップ
すごくスッキリしていて明確なマインドマップでした。

ブランチが沢山あればいい とか、
紙いっぱいに広がっているのがいい というわけではないんです。

自分の頭の中を紙に写像しているのがマインドマップなので
<自分のなかで明確なこと>は、端的に表せると思っています。
言葉が少なくても説明出来てしまうことってありますよね。

松井さんのマインドマップを見たときに明確なビジョンが見えている方何だなっと思いました。


皆さんも、自分の得意分野のマインドマップと不得意分野と。ふたつ描き比べてみると、
迷いの度合いがわかるのではないでしょうか?48


スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:1 |
| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。