マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

超!部下マネジメント術  mm

行動科学の石田淳さんの
八重洲ブックセンターのトークショーに参加しました。


『1/3の時間と労力で人が育つ!超!部下マネジメント術』 

http://www.will-pm.jp/book/200901/13.html


去年初めて石田さんにお会いして、パワーと説得力があり
WORKありで、とても刺激があります。

そのときの日記
http://kiyomindmap.blog7.fc2.com/blog-entry-52.html


インストラクションデザインという言葉が出てきます。

“インストラクション”=「学び」を支援するために行うさまざまな活動の集合体
“デザイン”=特定の目的をかなえるための計画

今日のWORKは、
インストラクション = 教育・指導・伝えること が、いかに難しいか?

ということを会場の全員で体験しました。

マインドマップインストラクターなので始まった瞬間に何を意図したWORKか理解できました。

 同じようなことをマインドマップ基礎講座で行います。
 私の場合は、「表現や受け取り方にも個性がある」というのを知っていただきたいからです。

同じ言葉をきいて、思い浮かべることが違うという体験をします。
それでいいんです。同じだったら怖い。

「みんなちがって みんないい」 です。

今日もマインドマップを描きながら聴いていました。
隣に座った女性に

「見せてください」 といわれて、しばしマインドマップ質疑応答。

その方に


「同じセミナーを聞いていても、
今の問題点や立場でセミナーからピックアップすることばが違うはず

と、いいました。
「みんな違って みんないい。」です。

マインドマップもそうだということに気がつくには
出来上がったマインドマップを見比べると分かると思います。
断然、色が違う、雰囲気が違ってくる・・・

マインドマップもまたupしますね。


それでは、おやすみなさい。
スポンサーサイト
講義録 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。