マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

単なるメモ?

昨日の日記で、仕事中のクールダウンにマインドマップと書きました。

あとから、

「 話すことをあらかじめメモするなんてフツーにやってます 」

って、言われるかもと思いました。

実物を載せられないので具体的に示せないのが悔しいですが、
フツーのノートとは違うんですよね。
やってみれば分かりますが使い勝手がいいはず!
私は同じ内容をメモしていったら、5枚くらいになってホチキスで留めたりしていたと思います。

ボールペンで書いたノートがお手元にあれば、パラパラっとしてみてください。

ぱっと見、ここに何が書いてあるって思いだせますか?
もし、ひとつのネタを探すのにノート一冊一回だけぺらぺらして見つけるって
単色だと難しいと思うんですね。
逆に、関係ない落書をしていたら・・・。

案外、そのページの内容や、いつの何時頃、誰と話していたか?
天気や匂いなんかとともに思い出したりできたりするのものです。

インパクトって記憶に大事なんですよね。


マインドマップはマークやブランチの特徴とか巨大な落書きみたいなものですものね!
記憶がよみがえりやすいのです!

あと、一覧性があるのがいいのです。
話の広がりもそのまま紙の上に広げられるのが私は大好きです。


私の基礎講座では、具体的に
「 こんな風に使いたいんだけどどうしたらい? 」 という質問大歓迎!
家へ帰ってから使えるマインドマップ。基礎講座で手に入れてください!


あなたは、覚えておきたいこと、どんなふうにメモしていますか?
どんな工夫をしていますか?
それって、体験から。体で編み出した技なんだと思います。
スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。