マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

復活した“脳の力”~テイラー博士からのメッセージ~

に興味のあるか方が多いと思いますので
お勧めの番組を!

===================

復活した“の力”~テイラー博士からのメッセージ~
[BShi]4/2(木) 後11:00-翌0:30

全米で今、多くの人々に希望と勇気を与えている一人の科学者がいる。ジル・ボルティ・テイラー博士(49)。卒中で言葉を失って8年、再生を果たした彼女の軌跡を追う。

===================

明日は再放送です。(お見逃しなく!)
私は本放送で観ました。

科学者、ジルが37歳の出勤前のある朝、自分の感覚に異常を感じます。
失われていく機能。
一命を取り留めてから続く混乱。
リハビリの重要性。
言葉を失ったときに得た不思議な感覚・・・。幸福感。

の機能についてはジルの病気の進行と回復を通してわかりやすくまとまっており
実際体に何が起きるか?リアリティのある番組でした。


印象的だったのが、左脳を欠損したため言語・論理能力を失って
他の五感が鋭くなったと、森へ出て枯葉に触れ話す彼女の姿でした。

本などでは読みますが、
「あぁ、今彼女にはこの枯葉や森はどう感じられているのだろう?」 と
自分の感覚も研ぎ澄ましてみたりして・・・。

普段、本を読み、言葉を吸収して生きている私(ちょっと理屈っぽい?)には
少々耳の痛いお話。
右脳の能力や五感の鋭さ欲しさに、左脳を欠損するわけにはいきませんし、
そうかといって現代社会では理論優位、左脳優位のバランスを変えるのは容易ではないと思います。


でもね!そんな私には 420マインドマップ420 があります257


ジル博士の脳卒中前と後とで彼女のステンドグラスの作品(モチーフが脳!)
左脳を欠損し、残された右脳で機能をカバーし始めてからの彼女の作品は
カラーの多さが違います22

健康な状態でもカラーを意識して多く使ったり
イメージを多用することで右脳左脳のバランスをとることは可能なのではないでしょうか?

マインドマップは、右脳だけ使うとか左脳を使わないというわけではありません。

言葉もBOIも使い理論的に思考を整理することができ左脳も活用しています。

大切なのは持っている能力をバランスよく出し切ること。

マインドマップは目の前の紙に描き出すことでそれが出来きます420
やっぱり凄い可能性のあるツールです!

言葉優位の自分を、カラーとビジュアルでバランスをとりもどせます。
それが証拠にマインドマップ以前の私と今の私では
感じ方や考え方に余裕が出てきています。

仕事でも見え方が変わったし、バランスをとるのも上手くなったように思います。
それを目的にしていたわけではないのに、です。451


皆さんも、マインドマップを描いて
「あれ?前よりいいんじゃない267」という感覚を味わってみませんか?
スポンサーサイト

TV | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<引っ越しをしていました(^^; | HOME | マインドマップ手帳 活用術 アイテム>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。