マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

俯瞰するマインドマップと着地するマインドマップ

先日の「抜擢」日記の反響をmixiでいただいています。

ありがとうございます♪


会社はどうしても <組織> という一面があって、
仕事が上手く回ることと、人間関係が上手く潤滑油があって回るのと、
ちがうんですよね。

もしかしたら、仕事の効率が少し落ちても
皆がハッピーなのが望まれている会社かもしれないし、
利益を出すと皆がハッピーになれる会社かもしれないし。

そこをわからなくて個人としては悩むのだろうと思います。


理想を言えば、自分のポジションがサッカーのようにわかるなら
上手くプレイ出来るのかもしれませんね。

仕事をするのは人間だから。
心を整理すると仕事のストレスも減るだろうと思っています。


さて、<組織>は硬くて強いから簡単には整理はできても変化を起こすのは難しい。
なのでその中で、自分がどう過ごすと 楽♪ かなっというのをつかんでいると
そんな日々の中でもすごしやすいのではないかと思います。


そのためのマインドマップは多くの場合と同じで

 『 理想的な一日 』 を描くのがいいでしょう。
もっとミニマムに 『 こんな気持ちだと快適♪ 』 を列挙するマインドマップがいいと思ったのです。


なぜか?
仕事の悩みを考えているときは視点が大きくなり過ぎていることがあるんですね。
自分の変えられないような大きな問題を見つけて苦しんだり。
そういうときこそ、一度

 自分の手におえる=自分のこと

に立ち戻って、少しずつ大きくしていって。
変えられる部分を見つけることが事態を好転させれるの近道だったりします。


皆さんは、今どちらの視点のマインドマップが描けそうですか?
視点の大きい小さいは関係ないです♪
どっちも行き来できる自分がいるとすごく楽になると思います☆

・・・<突き抜けた>自分に会いたいですね。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<昨日と今日のモヤモヤ と、明日のモヤモヤ | HOME | マインドマップが何に使えるか?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。