マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

では一年前のドラマ 『死化粧師』  mm105

現在のマインドマップ日記が多くなってしまいました。
去年('07)100枚を越えたあたり、まだまだインストラクターになるとは思わなかった頃。
やはり、ドラマを見ながらマインドマップを描いています。
比較のために載せましょう。

mm105 『死化粧』 (mm105  ドラマ『死化粧師』)

お恥ずかしい。
今年の『ブラッディ・マンディ』『風のガーデン』と比べ弱いですね。
迷いがあって、一枚の紙に配分できないでいたようです。

この番組はもしかしたら30分番組(??)だったのかも。
だからブランチがいっぱいじゃないということもありえます。

エンバーミングという、亡くなった方の遺体を生前の姿に戻す技術。
そのドラマです。

第一話は、バレリーナのヒロインが結婚直前
ウエディングドレスを取りに言った帰り道、交通事故で亡くなる。
無残にも、足が事故で切断されてしまう。
傷ついた遺体。
残されたフィアンセたちが、心安らかに分かれることが出来るよう、
アメリカから舞い戻ってきた主人公がエンバーミングを施す。

花嫁のような白いバレエ衣装。
失ったはずの足は、元に戻っていた。
花嫁がつけると幸せになるという青いガーターベルトをつけて。
(接合部を隠している)

ドラマのストーリーとかより、気づいた点をメモしてます。

http://www.tv-tokyo.co.jp/shigeshoshi/index.html


マインドマップ描きなれていないんですね。
一年で変わるものです。
その辺をこのブログで皆さんに感じてもらえれば、
つたないマインドマップをお見せするかいがあるというもの。

皆さんも、描き始めた頃のマインドマップ見直してみてはいかがでしょう?
スポンサーサイト

TV | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<図解仕事の出来る人のノート術 mm105 | HOME | 『 ウェブ時代をゆく 』 著 梅田 望夫   mm572>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。