マインドマップと成功する日常

マインドマップと過ごす日常が運んでくる成功を皆さんと一緒に考えたいと思います☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『断る力』をつける 勝間和代 in 紀伊国屋サザンシヤター mm704

勝間和代さんの

『 断る力 』 をつける
~私の人生が変わった瞬間~   文春新書発行。

in紀伊国屋サザンシアター (代々木まで300m 新宿まで500mにいまさら驚き)に参加しました。


mm704(090226 mm704)

「アサーティブ」については、興味をもっていたので2006年、講座やワークシップに参加していました。

なので、今回 『断る力』という本は、
勝間さん流に「アサーティブ」の概念をより日本に
 浸透しやすく、
  インパクトのあるタイトルにして本を描かれたのかと思っていました。

違いました。

「ご自分の若い時に苦しかったことをショートカットしてほしい」という思いが詰まっています。


表紙と同じいでたちの 白とやわらかい色のインナーで女性らしい華やかさの勝間さん。
会場は今回初めて勝間さんのお話を生で聞く人が多かったです。

レジュメと新書案内2冊を頂きました。
(うち一冊文芸春秋の『本の話』は勝間さんの著者インタビューあり)。

レジュメは全スライドなので23ページ。
開始前に目を通して、
 今日のマインドマップは、レジュメの項目でブランチを仕込んでおくか?
 事前に描かず、話が始まってからの印象で描くか?
悩んでライブ感を大事にするために白紙のまま書き出すことにしました。


印象的だったのは、

☆「 断る力の【 断 】は【決断】の断 」

    …自分で考え、自分で決めて断つ。

☆「【幸せ】とは?

    …喜びの総量=喜んでくれる人数 × 喜びの量

 従って、ドメスティックバイオレンスは
 喜んでくれない一人の人を喜ばせようとしているので、幸せではない。
 (勝間さんはとことん数値化して判断しやすくしていますね) 


☆ 「 コモディティ と スペシャリティ 」

    …イネス・リグリンの【満員電車】の話(好きです)が出て来て少し驚きました。
      (難しい用語をわかりやすい説明でしているなっと思いました。)

 コモディティ
  =汎用性・代替のある存在。
   求人でいえば高度成長期から今までは需要があり、教育も汎用性のある人間を育てられた。

 スペシャリティ
  =得意分野を持っている。
    何も難しいことではなく、2つの人よりできることを掛け合わせるのがスペシャリティ獲得の早道。


☆ 「【軸】があると、自分も周りの人も楽になる」

  =やりたくないこと・やりたいこと を書き出す。
    キャリアの棚卸

本『断る力』は、総論に力を入れているそうです。
行動に移すためには背景が手厚く書かれる必要があると思い、
勝間さんご自身の体験に共感してもらいながら
一歩を踏み出せるような本にしたかったそうです。


「現状を認知し、行動「小さな習慣を変える」ことで変わるくとが出来る。
 断れないと悩んでいる人も上手に断れるようになる。
 ひいては、社会のちょっと変だぞ?ということにNOといえるようになりましょう」
と、メッセージを送ってくださいました。


最後に30分ほど質疑応答の時間がとられました。
なんと、最初の質問をさせていただきました。
前の日記『神田昌典×勝間和代対談』から気になっていた
雇用の再教育の方法と可能性について伺ってみました。

他には、【直観】を信じて断っていいか?
【軸】に気づいたときどんな感じだったか?といった質問がされました。 

描ききれなくて周辺の小さなマインドマップにしたのと、
色を変えて本題の関連ある場所へさらに話題が発展したと形で質疑応答は書き込みました。

この小さなマインドマップが iMindMap の新機能チャイルドマップにあたるかな?
今度iMindMapで使ってみうとおもっています。


さて、勝間さんはこの『断る力』を今年の流行語大賞にしたいそうです(?!)

いきなり断れない方も、まず手のひらを前に出してみる222
そこから一声発してみましょう!とのこと。

気の進まない飲み会などから皆さんも『断る力222』発揮してみてはいかがでしょうか353


セントラルイメージの手のひら222!ばっちりでした267


講義録 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『マインドマップでクリエイティブが加速する』 iMindMapVer3イベント

『マインドマップでクリエイティブが加速する』と題して行われた
神田昌典氏と松井龍哉氏のトークセッション。

mm703 松井龍哉セッション (090220 神田×松井トークセッション)


トークセッションや講義の時の出だしは話題がどう展開するかわかりにくいのと
人物紹介、今日のテーマなど導入部です。
話し手も今日の聴衆に探りを入れているところですね。
opening というブランチにして講義録も探りを入れている段階です。
このブランチ、『 iMindMap ver3 for Mac 』 のパッケージ
一番下の流れるようなブルーから取ってきました。
スクリーンに展開される動画は美しかったです。
http://www.imindmap.jp/

松井さんがiMindMapを使ってマインドマップを事前に準備してくださってました。
出されたお題は「売れるロボット

「売れる」に夢が無いなぁ~と私は感じたのですが、これは逆でした2

「ゼロ<0>から産業を興す」ことが
雇用も発生し、日本が世界に発信していくなにかになるのです。

継続的に回っていくには、キャッシュフローは必要。
自立した夢と理想に必要なのは【売れる】ことなんですね。


「創設」のブランチの「産業」「雇用」のところで、
松井さんが

「 今までデザイナーは産業に課題を出されて作っていた。
 これからは、デザイナーはデザインで産業を興す 」

淡々と言うんですよ。
シャイな方なのかしらと思わせる雰囲気すら漂っているのですが
420めっちゃくちゃカッコイイ420

「ユーザーを考え、機能に忠実なデザインを考える」

どの世界でも大切なこと。自分はどうだろう?と考えさせられました。



神田さんがiMindMapの開発者の方の逸話を披露されました。
天才プログラマーだった彼は会社をもち成功を収めた後、
マインドマップと出会って気づいたそうです。

 パーソナルコンピュータやゲームは思考を枠にはめるようなものだと。
 脳の本来持っている自由な思考を外すマインドマップのプログラムを作りたいと。

 
反対と困難を乗り越えてできあがったのが iMindMap なのだそうです。

(掲載したマインドマップで
 頭をPCという枠に突っ込んでいるイラストと、
 発想が枠に閉じ込められているイラスト気に入ってます)



経営とデザインの天才スティーブ・ジョブズのお膝元(?)Appleストアで言い話を伺いました267

松井さんのデザインの世界観は知的で生きる力に溢れていました。

http://www.flower-robotics.com/
講義録 | コメント:0 | トラックバック:0 |

深海魚と 図鑑と 婚活  mm698

理科好きなんです。


北村雄一『深海魚摩訶ふしぎ図鑑』(保育社刊)刊行記念トークセッション

不況の今こそ、生き方は深海魚に学べ(?)
~人生が流されてます。やる気がなくても大丈夫、する気がなくても問題ない~

新宿三越アルコット8階 ジュンク堂書店さんへお話を伺いに行きました。


mm698 深海魚 (090213 mm698 深海魚トーク)


深海魚の生き方戦略のパワーポイント面白かったです。
 
  ウルトラブンブク 海底で泥を食べている。
 戦略=独壇場  ただし、ライバルすらいられない(笑)

『 婚活 』 情報も出てきます。

ミツクリエナガチョウチンアンコウ の 婚活 は

卵は軽く、最初は浮いているそうです。
海上は付近は栄養が豊富で、そこで稚魚は成長していきます。

あるていど成長したオスは、海をもぐり始めます。
目と嗅覚は発達していて、これでもってメスを探すそうです。

メスは大きければ探しやすいですね。
(北村さんはフットボール大のものを見たことがあるそうです)

無事、見つけるとメスに食いつき263(その場所はどこでもよい)
食いつかれたメスの皮膚は口いっぱいに広がり263263
オスはメスの体の一部のようになってしまうそうです263263263
オスの目は退化してしまいます。

マインドマップのイラストでは分かりやすい場所にくっついてますが、
目の下、口の中、どこでもいいらしいです350(ちょっと描けなかった・・・)
1匹のメスに6匹着いていたこともあるそうです。・・・大変です330330330

光が届かず見えない深海ではメスを手探りで探さなければならないので、
メスの身体の方が大きいほうが効率がいい。

この戦略をとると、身体の大きさで恋の成功率が変わるので

「いっそ、成長に伴い性転換しちゃえばいいじゃないか2

という戦略をとる魚もいるそうです。
フトヨコエソは6cmくらいまではオス、7cm以上になるとメスだそうです。

あの、『 ファインディング・ニモ 』 の カクレクマノミ はオスがメスへ変化するので
お母さんがいなくなると、次に身体の大きなオスがメスになるそうです。

生き物凄い!

「深海は暗いから目が退化するのではないか?と思われていますが
 必ずしも退化するわけではない。目のあるのもいる。
 使わないと退化するのではなく、あっても無くてもどっちでもよくなると考えた方がいい」

なるほどぉ~451

深海魚は、皮膚も身体もヤワに出来ていて、
取り出すと、壊れてボロボロになるし、変色してしまうそうです。
見ている状態が本当の生態かも深海のことなのでよく分からない。
それほど研究されない世界みたいです。・・・残念

深海魚のビックリな姿と話は きりが無いので
是非は図鑑で驚いてください2


北村さんのはライターとイラストレーターがお仕事で科学者ではいらっしゃらないのですが、

「 (図鑑と銘打ちながら、もっと紹介したかったけれど出来なかったのは)
 そもそも情報が少なくて、描けない 」

とおっしゃられる様子に

科学的な視点 と
自分の好きなジャンルをまだ知らない人に伝える時の真摯な態度 を感じました。

そういうまじめなところと、

「 恐竜並みに皮膚の色も分からないからイラストにしたくなる 」
  (北村さんは恐竜の本も描いてらっしゃいます)

というTRYする精神・遊び心257 ワクワクしますね2

マインドマップも 「 描いてみよう2 」というTRYの精神とワクワクする心があればOK2
どんどん皆さんにも描いてみてほしです343

説明するのが大変な深海魚のお話をメモするにはマインドマップ便利です267
楽しく描かせていただきました257


皆さんも、子供の頃好きだった図鑑を取り出して
子供と一緒にマインドマップ、楽しんでみてはいかがでしょうか?


講義録 | コメント:0 | トラックバック:0 |

神田昌典・勝間和代氏『新時代の“スピード情報編集法”』 mm696

神田昌典勝間和代氏の対談講演

『 新時代の“スピード情報編集法” 』  に参加しました。

mm696 神田×勝間   (090211 神田×勝間情報編集法)

ランチに手間取って、開始時間に会場についたのでそこからセントラルイメージ・・・
目に付いた特徴的なもの!

今日は椅子がゴージャス。 決定~。
267ゴールドです267

それにあわせたかのように、
勝間さんはグリーンのドレープの美しいワンピースにビロードのジャケット。

対談の内容も、なんとなく重厚だった気が・・・。

「 新時代 」 となれば、

現状の確認と分析ガ必要ですし、今後の経済展開、
世界の中の日本という視点に立ったとき、これからどんなポジションを取れるのか?

そういうことを考えなければならないからですね。

神田さんもアメリカで仕事していた経験をもち、
勝間さんもそう。
そして、前日に石田淳さんのお話も聞いていたので
頭の中で色々リンクしたり連想したり・・・忙しかった330

同じ国にいても、三者三様の視点と感性をおもちなので切り口が違います。
ただ、共通していたのは

「結局アメリカの10年周回遅れに日本はいる
 ただし、短期間で回復する必要がある」

アメリカの旗色が悪くなってから、または日本が経済No1になった時代あたりから
追いつけ追い越せは言わなくなったように思うけど、
実際は言われなくなっただけ。ちょっと怖い思いがしました。

雇用の問題は特に考えさせられました。
勝間さんの

「派遣法を導入したために、人件費でコスト削減をして生き残った。
 あの時、製造業はもっと日本の強みを生かす企業への変革のチャンスだったのに、
 変革せずに先延ばししただけ。今では変革する体力が厳しくなってしまった」

・・・私は製造業に勤めているので骨身にしみます。




『 情報編集術 』 としては、

19情報編集にはマインドマップとフォトリーディングは欠かせない

というお話を具体的に本を書くときの使い方とか情報の真偽の捕らえ方など
使ってる状況を含めてお話してくださりドキドキしました257

神田さんがマインドマップを感性寄りの手法ととらえているのに対し、
勝間さんが「マインドマップもフォトリーディングもすっごくロジカルじゃいですか」 と、
言い切る様子が面白かったです。

マインドマップとフォトリーディングが
観察・分類・全体から部分へ・分解統合というロジカルな面を持っていると説明していく勝間さん。
(マインドマップの 『 BOI 』 がしっかりイメージ出来ているとやりやすいです)


そんな風にとらえて使いこなしているところが勝間さんらしい。
数々の著書を書く秘訣を見た気がします。

「目次はマインドマップを使って書いてますよ」

って、嬉しいことをおっしゃいます420


皆さんもマインドマップとフォトリーディングで自分オリジナルの【情報編集】始めませんか
発見と驚きを体感できますよ343

講義録 | コメント:2 | トラックバック:0 |

超!部下マネジメント術  mm

行動科学の石田淳さんの
八重洲ブックセンターのトークショーに参加しました。


『1/3の時間と労力で人が育つ!超!部下マネジメント術』 

http://www.will-pm.jp/book/200901/13.html


去年初めて石田さんにお会いして、パワーと説得力があり
WORKありで、とても刺激があります。

そのときの日記
http://kiyomindmap.blog7.fc2.com/blog-entry-52.html


インストラクションデザインという言葉が出てきます。

“インストラクション”=「学び」を支援するために行うさまざまな活動の集合体
“デザイン”=特定の目的をかなえるための計画

今日のWORKは、
インストラクション = 教育・指導・伝えること が、いかに難しいか?

ということを会場の全員で体験しました。

マインドマップインストラクターなので始まった瞬間に何を意図したWORKか理解できました。

 同じようなことをマインドマップ基礎講座で行います。
 私の場合は、「表現や受け取り方にも個性がある」というのを知っていただきたいからです。

同じ言葉をきいて、思い浮かべることが違うという体験をします。
それでいいんです。同じだったら怖い。

「みんなちがって みんないい」 です。

今日もマインドマップを描きながら聴いていました。
隣に座った女性に

「見せてください」 といわれて、しばしマインドマップ質疑応答。

その方に


「同じセミナーを聞いていても、
今の問題点や立場でセミナーからピックアップすることばが違うはず

と、いいました。
「みんな違って みんないい。」です。

マインドマップもそうだということに気がつくには
出来上がったマインドマップを見比べると分かると思います。
断然、色が違う、雰囲気が違ってくる・・・

マインドマップもまたupしますね。


それでは、おやすみなさい。
講義録 | コメント:1 | トラックバック:0 |
BACK| HOME |NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。